1. ホーム
  2. ミニセグウェイの購入
  3. ≫【2019年版】おすすめのミニセグウェイ

【2019年版】おすすめのミニセグウェイ

ここでは当サイト管理人の僕がお勧めのミニセグウェイを紹介します。

僕は最終的にキントーンのオフロードモデルを購入しましたが、それ以外にも魅力的なミニセグウェイは沢山あったので、ここでは「これ買っておけば間違いないでしょう!」と僕が思ったミニセグウェイをランキング形式で1位~3位まで紹介します。

ミニセグウェイの購入を検討している人はよければ参考までに。

1位:KINTONE(キントーン) オフロードモデル

Check! KINTONE メーカー直販公式ページを見てみる

項目 スペック
本体価格 48,900円(税込み 送料無料)
カラー 全6色
保障品質 PSE認証済み、品質検査済み
修理の保証期間 購入から半年
充電に必要な時間 2~3時間
走行可能距離 20キロ
最高速度 時速15キロ
乗る人の体重 体重20~100kg

ミニセグウェイのメーカーの中で1位をつけるとしたら、それは間違いなくKINTONE(キントーン)でしょう。ミニセグウェイ=キントーンといっても言い過ぎじゃないくらい有名ブランドなので知ってる人も多いんじゃないでしょうか?

最近ではananで話題を集めた高橋一生が欲しいと言ってるみたいですね。そんな背景があり、女性からの支持が一番高いのもキントーンです。

人気が高いのは勿論として、私が特にお勧めしようと思ったポイントを説明します。

1.初心者でも乗りやすい

ミニセグウェイを購入しようと思っている人の多くが持つ不安、それは「初めて乗るんだけど大丈夫?」というものではないでしょうか?

キントーンは初心者でも扱えるように、徹底的に乗りやすい構造になっているのが魅力です。

僕自身はミニセグウェイを香川選手みたいにカッコ良く乗りこなしたいと思っていたので、乗るのが難しそうなモノは最初から除外しています。

キントーンの「5分で乗りこなせる」という謳い文句にヤラレました。

正直運動神経にはさほど自信がない僕でも結構簡単に乗れたので初心者にはイチオシのミニセグウェイです。

(参考:ミニセグウェイに乗るちびっ子↓)

2.保障が手厚いので安心だった

僕がキントーンを気に入った2つ目の理由は保証内容です。

キントーンは半年以内なら無料で修理してくれるので、壊れたらどうしようとビクビク怯えることもなく思いっきりグイグイ乗り回すことが出来ました。

購入してから慣れるまでの初期の頃が一番故障しやすいので半年も保証期間があるのはとっても安心でした。

キントーンは故障すると警告音で知らせてくれたり、赤いランプが点灯する機能が搭載されているので、故障に気が付きやすいのもいいですね。

あと過充電防止装置があり、発火、爆発の心配もありません。

USBで繋ぐことでスマホの充電も可能といった遊び心満載のキントーンはかなりお勧めです。

注意! ただし、ヤフオクやメルカリ、怪しい中華系ネットショップだと品質保証が切れているどころか買った時点で故障気味ということも少なくありません。購入する場合は必ず安全な公式サイトから買うことをおススメします。

Check! KINTONE メーカー直販公式ページを見てみる

2位:CHIC-Smart(チックスマート) C1マットシリーズ

チックスマート

Check! チックスマート メーカー直販公式ページを見てみる

項目 スペック
本体価格 49,800円(税込み 送料無料)
カラー 全4色(ホワイト、ブラック、ブルー、レッド)
保障品質 PSE認証済み、品質検査済み
修理の保証期間 購入から2年
充電に必要な時間 2~3時間
走行可能距離 15~20km
最高速度 時速10km
乗る人の体重 体重20~100kg

ジャスティンビーバーも愛用しているCHIC-Smartのミニセグウェイ。チックスマートはKINTONEに負けずとも劣らないメーカで、様々な認証・テストにクリアしている実績ある会社です。

品質には絶対の自信があるようで、保証期間も「2年」と国内メーカーでは最長なので安心感が違います。

CHIC-Smartはキントーンと違い、専用のハンドルが付いてきます。ですからミニセグウェイをセグウェイのように楽しみたい人にはこっちの方がいいでしょう。

チックスマートがキントーンより劣っている点

基本スペックだけ見ると「チックスマート最高!」って思われるかもしれませんが、1位にしなかったのには明確な2つの理由があります。

1つ目はKINTONEよりも乗りこなすのが難しいと感じた点。そして2つ目は移動がちょっとぎこちないと感じた点です。

まぁ、どちらの欠点も僕個人の感想でしかないので、人によってはまた感じ方も違うのかもしれませんが・・・とりあえず僕はKINTONEの方が慣れるのが簡単かつ移動がスィーっと滑らだったので良いように感じました。

あと高品質なのは間違いありませんが、バッテリー寿命についての情報が不明なのが少々気になりました。

それと、これはKINTONEもそうですがCHIC-Smartもやはり偽物が非常に多いので購入する場合は必ず下記の正規店から購入するようして下さい。

Check! チックスマート メーカー直販公式ページを見てみる

3位:KINTONE(キントーン) ライディングホイール

キントーン ライディングホイール

項目 スペック
本体価格 105,840円(税込み、送料無料)
カラー 2色(ホワイト、レッド)
保障品質 PSE認証済み、品質検査済み
修理の保証期間 購入から半年
充電に必要な時間 3時間
走行可能距離 16km
最高速度 時速16km
乗る人の体重 体重20~100kg

僕はキントーンの普通のミニセグウェイを購入しましたが、キントーンには面白い商品があるので紹介しておきます。 コレは電動一輪車のスケボータイプのミニセグウェイです。

通常のミニセグウェイではいまいちピーンと来ないという人は試してみて下さい。

僕も知り合いに一度だけ乗らせてもらったのですが、一輪とはいえミニセグウェイと同じ安定性が高いタイヤを使用しているので、慣れると乗り心地は良かったです。

値段は10万円とかなり張りますが、この乗り心地・気持ち良さは普通のミニセグウェイでは絶対に味わえないので人生で1度は体験する価値があると思います。

追記 ライディングホイールは2018年の年末から現在もずーっと品切れで再入荷は未定の状態が続いています。2019年にはライディングホイールの後継機が発売されみたいなので、しばらく待ったほうがいいかもしれません。

ベストはキントーンのオフロードモデル

Check! KINTONE メーカー直販公式ページを見てみる

これは僕の個人的な考えですが、ミニセグウェイ選びで一番大切なことは「信頼できるメーカーかどうか?」だと思います。

ですから迷った人は業界No1とNo2のKINTONE(キントーン)かCHIC-Smart(チックスマート)のどちらかを選べば、大失敗ってことは無いはずです。

キントーンとチックスマート

その中でも、僕個人としては2019年時点ではキントーンのオフロードモデルがベストだと思っています。

 

とはいえ、人によっては予算やデザインの都合で上で挙げた3つは「うーん・・・」という人もいるかと思います。

そういう場合は、キントーンやチックスマートは他にも色々な種類のミニセグウェイを販売しているので、公式サイトをご覧ください。

Check! 【公式】KINTONE 商品ラインナップ一覧

Check! 【公式】チックスマート 商品ラインナップ一覧

繰り返しになりますが、ミニセグウェイ選びで一番大事なのは「信頼できるメーカーかどうか?」ですからね。

ミニセグウェイは数万円の買い物なので、超高いってわけじゃありませんが決して安い物でもありません。このページで紹介した3つのミニセグウェイをベースに、じっくり考えてみて下さい。

シェアをお願いします。