1. ホーム
  2. ミニセグウェイの基本
  3. ≫【保存版】ミニセグウェイを楽しめる公園一覧

【保存版】ミニセグウェイを楽しめる公園一覧

せっかくミニセグウェイを購入したのになかなか思い切り楽しむことが出来ず、面白くないなんて人もいるのではないでしょうか?

近所の公園で遊ぶのも悪くありませんが、できることならもっと広々とした公園で乗り回したいですよね。

そんな人の為に全国でミニセグウェイをグイグイ乗り回すことが出来る広々とした公園を調べてみましたので参考にしてみて下さい。

チェックするポイントは以下の3つくらいでしょうか。

  1. 広さ
  2. 整備の有無
  3. 利便性

ただしミニセグウェイに乗りやすそうな公園を調べて紹介しているだけなので、実際にミニセグウェイに乗っても大丈夫かどうかは各自確認することをお勧めします。

思いっきり楽しむといっても公園ですから周囲へのマナーは忘れてはいけません。

人に迷惑をかけずにミニセグウェイを楽しんで下さい。

北海道のミニセグウェイおすすめ公園

モエレ沼公園

住所 〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

>>公式HPはこちら<<

やはり北海道の公園は敷地面積が広いですね。ミニセグウェイを自由に乗るのに最適な場所と言えます。

ですが冬は積雪により乗ることが出来ないので注意しましょう。

春夏は涼しいし、緑が多く非常に気持ちよく過ごせます。レンタサイクルがあるからミニセグウェイも乗りやすいと僕なりに推測しています。

オホーツク流氷公園

住所 〒094-0023 北海道紋別市元紋別101番地

>>公式HPはこちら<<

ブロックにより区分されているのでのんびり過ごすことが出来る場所があるのが魅力です。

オホーツクのはるかなる道(全長3km)は舗装されているのでジョギングをする人も多くミニセグウェイも乗りやすいと言えるのではないでしょうか?

ミニセグウェイに乗っても大丈夫なら爽やかな風を感じることが出来ます。

東北地方のミニセグウェイおすすめ公園

勾当台公園

住所  〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町392

>>公式HPはこちら(Wikipedia)<<

勾当台公園

勾当台公園駅より近いので立地がいいと言うことが出来ます。

駅前だから利便性が良く、ミニセグウェイに乗ってもOKなのかはさておいて、舗装された広場はミニセグウェイで走りやすいと言えます。

ですがこの公園は子供連れには不向きなので、大人だけで本気でミニセグウェイに乗りたいという人にお勧めします。

大高山総合公園

住所 〒038-2761 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字西松島304-2

>>公式HPはこちら<<

大高山総合公園

料金を払えばで多目的広場を貸し切りで楽しむことが出来ます。

貸し切りなら周囲の人を気にする必要はなく利用しやすい価格帯なので競争率が高そうですね。ですが貸切りならミニセグウェイを楽しむのに最高の環境です!

関東地方のミニセグウェイおすすめ公園

西東京いこいの森公園

住所 〒188-0002 東京都西東京市緑町3-2-5

>>公式HPはこちら<<

西東京いこいの森公園

スケート広場があるのが特徴でさらに1周600m程のジョギング走路が存在するのでミニセグウェイの練習に丁度いい公園と言えます。

ですがジョギングの為の走路だからミニセグウェイに乗ることが出来るのか事前に確認する必要があります。OKなら舗装された道はかなり乗りやすいので魅力的な練習場になります。

駒沢オリンピック公園

住所 〒154-0013 世田谷区駒沢公園1-1

>>公式HPはこちら<<

駒沢オリンピック公園

設備が整っているのが魅力でジョギングコース、サイクリングコースとがあります。それ以外にも自由広場もあるのでミニセグウェイを楽しみつづのんびり過ごすことが出来る公園です。

大宮公園

住所 〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4丁目

>>公式HPはこちら<<

大宮公園

大宮氷川神社に隣接している第一公園以外にも第二、第三公園と広大な敷地が特徴と言えます。

第一公園は子供向けの遊具、動物園があるので子供が多いので注意して下さい。

それと花見のシーズンは非常に混むのでその時期は避けた方がいいと言えます。

第二、第三公園は遊歩道と複数の多目的広場があるからミニセグウェイに乗るならこちらがお勧めです。

中部地方のミニセグウェイおすすめ公園

市民四季の森

住所 〒485-0802 愛知県小牧市大草57861

>>公式HPはこちら<<

市民四季の森

多目的広場、くつろぎ広場が存在していて様々なスポーツを楽しむことが出来ます。

公園自体が非常に敷地が広いから移動でミニセグウェイに乗るのもいいと思います。

岐阜市畜産センター公園

住所 〒502-0801 岐阜県岐阜市椿洞7764

>>公式HPはこちら<<

岐阜市畜産センター公園

畜産センターは言葉の通り動物との触れ合いを楽しむことが出来ます。サンデー広場と呼ばれる広い芝生の広場がミニセグウェイの練習に適していると言えます。

ハイキングコースがある景色がキレイな公園で、ミニセグウェイで敷地内を散歩するのもいいかもしれません。

近畿地方のミニセグウェイおすすめ公園

蜻蛉池公園

住所 〒596-0815 大阪府岸和田市三ケ山町大池尻701

>>公式HPはこちら<<

蜻蛉池公園

大池をメインとした公園で、ロケーションが最高。自転車、スケボーをする人も大勢いるのでミニセグウェイも楽しめるのではないでしょうか。

注意して欲しいいのは池に落ちない事、あとミニセグウェイを池に落とさないようにして下さい。

なぎさ公園

住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1

>>公式HP(Wikipedia)<<

なぎさ公園

海に沿った遊歩道があるのが特徴のなぎさ公園。離れた位置にミニセグウェイに打ってつけの広場があります。

最寄駅から徒歩10分とアクセスも良く、体を動かす人にとっては利用しやすい公園です。

中国地方のミニセグウェイおすすめ公園

広島市森林公園

住所 〒732-0036 広島市東区福田字藤ヶ丸10173番地

>>公式HPはこちら<<

広島市森林公園

ここもすごく敷地面積が広いのが特徴。

子供向けの遊具もあり、家族で訪れるのにお勧めです。

子供が自転車の練習をする場所も限られているのでミニセグウェイに乗る際には乗ってもいい場所かを必ず確認してください。

山陽ふれあい公園

住所 〒709-0832 赤磐市正崎1368

>>公式HPはこちら<<

山陽ふれあい公園

山陽ふれあい公園は多目的広場が安価に貸し出しされています。

一般開放されている時は無料で利用することが出来ます。

四国地方のミニセグウェイおすすめ公園

月見ヶ丘海浜公園

住所 〒771-0215 徳島県板野郡松茂町豊岡字山ノ手42

>>公式HPはこちら<<

月見ヶ丘海浜公園

月の満ち欠け池をメインとして芝生広場、スポーツ広場が周囲を囲むようにあるのが特徴です。

海水浴場が近くにあり、子供向けの遊具もいろいろあるから子供と一緒に楽しむことが出来る公園と言えます。

子供と一緒にミニセグウェイに乗るのもいいと思いますよ。

九州地方のミニセグウェイおすすめ公園

グリーンパーク

住所 〒803-0865 福岡県北九州市小倉北区山田町

>>公式HPはこちら<<

グリーンパーク

福岡に存在する広大な公園。

ミニセグウェイに乗るなら芝生広場がイチオシですが、野草広場と呼ばれる野草が生えた地域や樹木園もあるので、ここで乗るのもアリなのではないでしょうか。

ミニセグウェイに乗って問題ないならちょっといつもと違う気分で楽しめそうです。

干潟よか公園

住所 〒840-2221 佐賀県佐賀市東与賀町大字下古賀2885-2

>>公式HPはこちら<<

干潟よか公園

干潟よか公園は干潟に沿い散歩道があって、潮の香を楽しみつつミニセグウェイに乗れるのがいいですね!

あと芝生広場もあるのでそこがお勧め。

 

将来的にはミニセグウェイも公道を走れるようになる?

ここではミニセグウェイに乗って楽しむことが出来る公園やイチオシの場所を挙げてみました。

今は公園がメインですが、将来的には公道で思いっきり乗ってみたいですね。

現時点ではミニセグウェイは公道で乗れないので、法整備が完了するまで結構先になりそうですが…

ですが日本製のミニセグウェイ「WALKCAR」は公道で乗ることが出来るなんて噂があり、希望はまだまだ捨てていません。

ミニセグウェイに公道で乗る為には免許が必要になるとか、仕様が大きく変更したりしそうですね。

今のままのミニセグウェイでは公道を走るのは難しそうです。

免許がなく誰でも気軽に乗れるのがミニセグウェイの魅力なのでその点が変更になったら嫌だなぁ。

あと規制があまり厳しくなるとミニセグウェイにカッコよく乗り回すことが難しくなります。

そうなると僕がKINTONEを購入した意味がなくなってしまいそうです。

理想のミニセグウェイ専用道路が出来るまでにはかなり時間が必要です。

だから今は法整備がきちんとされるまで、ゆったり待ちましょう。

公道でミニセグウェイに乗りたい人は海外へ

日本は駄目でも海外なら…!と思ったのですが、ミニセグウェイが人気のイギリスでは現在公道で乗ることは禁止されてしまいました。

今公道で走ることが出来る国はどこかと調べてみた結果、アメリカのサンフランシスコ州はOKなことが分かりました。サンフランシスコ州の場合きちんと法律で認められています。

ただしヘルメット着用といった規定がいろいろあるので確認が必要です。

でも、流石アメリカと思いましたね。絶対に公道でミニセグウェイに乗りたいというのなら自己責任で海外で乗り回すのも1つの方法と言えるかもしれません。

アメリカ程国土が広いと公道より楽しめる場所はいくらでもありそうですけどね。

※日本の公道はミニセグウェイに乗ることは禁止されいます

改めて説明すると2019年の時点で日本の公道ではミニセグウェイに乗ることは出来ません。

ですが楽しめる場所は日本にもいろいろあります。絶対に公道で乗りたいなんて人は、今はミニセグウェイの買い時ではないと言えます。

僕みたいに自分の敷地内で自由に乗ることが出来るくらいの人にはミニセグウェイはかなりお勧めできます。

将来的にはミニセグウェイが改良され、リスクが減れば公道で乗ることが出来るのではないでしょうか。ですが今はまだまだ無理そうですね。

そんな訳で現時点では正しいルールとマナーを守り遊ぶことが重要です。

公道で死亡事故が起こればミニセグウェイの販売自体が禁止されるかもしれません。だから絶対に公道では乗らないで下さい。

シェアをお願いします。